企業主導型保育事業とは

  • 会社がつくる保育園、従業員のための保育園です。
  • 公益財団法人児童育成協会の助成を受けて運営されています。
  • 契約することで、他企業と共同で利用することができます。
  • 内閣府が定める基準を満たした保育園です。

ご利用のメリット

 企業主導型保育事業は仕事と出産・育児を両立する女性を応援します。結婚・妊娠・出産などライフステージに関わらず、働き続けやすくなります。

 働く人の要望に合わせた保育サービスを提供することで、満足度が向上し、離職率の低下につながります。

 フルタイムや短時間、週2日など働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスが提供できます。

 従業員のワーク・ライフ・バランスに真摯に取り組む姿勢から、企業の魅力が向上し、優秀な人材の採用・確保に非常に有効です。

 地域の子どもも受け入れ可能なので、待機児童の解消に資するという大きな地域貢献につながります。

 子育てに優しい企業というイメージ向上にもつながります。

「会社の未来を担ってもらえる若い世代を育てたい」

「安心して働き続けられる会社にしたい」

「育児世代の人たちも採用したい」

「育児世代の離職に悩んでいる。」

「安心して従業員がスキルを維持しながら働ける職場にしたい

「仕事と結婚、出産を天秤にかけさせたくない」

「何かを諦めるような生き方をさせたくない」

 

など、人事にお悩みのご担当者様も、

 

「企業主導型の事をもう少し詳しく説明してほしい」

「羽くくむ保育園の事をもっと詳しく聞きたい」

「契約について詳しく知りたい」

「興味はあるが企業契約をどう活かして良いかわからない

 

など、ご契約を検討中のご担当者様も、

まずは、お気軽にこちらからお問い合わせ下さい。